重要子音の出し方8

子音の出し方
  h / w / j


 h 
  ダウンロード
※2回繰り返しています。

<単語練習> hat    he    high
  ダウンロード


▼方法

c22mae-hear
① 口をひらきます
(※口の開き・形は、次に続く母音に合わせてください)
c22yoko-hear
② 喉のあたりで、摩擦させるように息を出します。


▼ポイント

英語の特徴的な音である「無声音」です。声は出しません。息がのどを通る時に摩擦して出る音がこの音です。


母音と組み合わせる
⇒ 音のつながり(音節)の練習へ







 w 
  ダウンロード
※2回繰り返しています。

<単語練習> we    way    week
  ダウンロード


▼方法

c20mae-name
① くちびるをやや突き出して、口をすぼめます
c23mae2-week
② くちびるをぱっと開くとともに、「ワ」という感覚で声をだします
(口内で声を響かせるように)


▼ポイント

基本形として、くちびるをしっかり動かして発音しましょう。この音はほとんどの人が問題なく出せるように思います。

但し、wood, woman, wolf  という単語の場合は要注意です。
多くの人が w が聞こえなくなってしまいますから、唇をしっかり動かしてw を発音しましょう。


母音と組み合わせる ⇒ 音のつながり(音節)の練習へ







 j 
  ダウンロード
※2回繰り返しています。
※ [ j ]のあとに 母音をつけて発音しています

<単語練習> you    yes    yet
  ダウンロード


▼方法

c24mae-yes
① ややすぼめるように、くちびるを寄せます。
(縦に軽くひらいておいてください)
c24yoko-yes
② 舌は前方にいて、ほんの気持ち程度に持ち上げます。
口内の前方で、音を作るつもりで(音を響かせるように)声を出します。


▼ポイント

厳密に言うなら、日本語にはない音で、文章と絵で正確に表現するのが難しい音です。
日本語の ユ と イ の中間のような音とも言われます。

houhou1 通じるレベルで言うなら、シビアになる必要はないと考えます。「ゆ」と「い」が混じったような音だと思って下さい。「ユ」を言う口の動きで、「イ」を言うようにすると近い音になります。

houhou2 口の空間での響きがあります(図の青丸部分あたりで)


母音と組み合わせる
⇒ 音のつながり(音節)の練習へ