重要子音の出し方2

重要子音の出し方
   T / D


 T 
  ダウンロード
※2回繰り返しています。

<単語練習> think    thank    mouth
  ダウンロード
(わざと、 T を強めに)


▼方法

v03mae-cat

① 舌を歯の間にかるくはさみます。
(前から、舌が少し見える程度出して、まず練習してみましょう)
② 舌と歯の間に通るように息を出します。(間を通る時の息の摩擦音です。)
   


▼ポイント

上下の歯で、強くかまないこと。
息が通るすき間ができるように、軽く舌をはさむ程度にしてください。
舌や口に力が入り、息が通らなかったり、息が出す量が弱かったりすると、音が出ない(弱い)場合が多いので、気をつけて練習しましょう。


▼もっと練習してみよう

できた方は、出している舌をスムーズにひっこめていき、口の中に舌が収まるまで、音を出し続けてみてください。ひっこめるまで、安定した同じ音が出るように練習しましょう。


母音と組み合わせる
⇒ 音のつながり(音節)の練習へ







 D 
  ダウンロード
※2回繰り返しています。

<単語練習> the    that    there
  ダウンロード
(わざと、 D を強めに)


▼方法

v03mae-cat
 T  の有声音ですので、  T  と口の形・動きは同じです。

① 舌を歯の間にかるくはさみます。
(前から、舌が少し見える程度出して、まず練習してみましょう)
② 息を吐き出して、舌と歯の間に通しながら摩擦させて音を作ります。また同時に声を出します。
(「ズー」「ザー」いうような感覚で)   


▼ポイント

上下の歯で、強くかまないこと。
息が通るすき間ができるように、軽く舌をはさむ程度にしてください。
舌や口に力が入り、息が通らなかったり、息が出す量が弱かったりすると、音が出ない場合が多いので、息をしっかりと出して、舌と歯の間を震動させましょう。


▼もっと練習してみよう

できた方は、出している舌をスムーズにひっこめていき、口の中に舌が収まるまで、音を出し続けてみてください。ひっこめるまで、安定した同じ音が出るように練習しましょう。


母音と組み合わせる
⇒ 音のつながり(音節)の練習へ