高得点とれても、実践では通用しない

TOEIC ――― 高得点とれても、実践では通用しない


カタカナ発音で、英語を勉強をしていったとしても、ある程度までは英語力は伸びる。TOEICで高得点を出す事も可能である。
高得点がとれているのだから、リスニングもできることになり、カタカナでも聴き取りはできるのではないか、ということになってしまう。

こういう事実が、カタカナ発音の弊害を見えなくしてしまう要因のひとつになっているのでしょう。

試験である以上、傾向があり、それへの対策やテクニックで点を補えるところもあるし、発音が似たような単語は、文脈でどちらなのか類推できます。

頻繁に出てくる単語やフレーズは、何度も聞いていると、その音と自分の中にある単語を結びつけることもできます。それに、TOEICは、日常出てくる内容という風にテーマも決まっています。

カタカナ英語の人でも、それをカバーできる方法はあるのです。

今や日本では、TOEICスコアは、英語力を測る重要な資格となっています。
英語が得意でない人からみると、高得点保持者=英語ができる、しゃべれる、と直結しがちですが、実際は「高得点はとれたものの・・・」と悩むTOEICハイスコアホルダーも少なくないのです。

目の錯覚があるように、耳にもあり、「錯聴」というようです。
最初に文字を見せられてから、音を聞かされると、その文字のようにしか聞こえなくなってしまいます。
脳が勝手に「解釈」してしまうのだそうです。


「earth」 という音をきく。
 → ああ、アースだな。
 → 意味は地球で、スペルはearth
「travel」という音をきく。
 → トラベルね。
 → 意味は旅行で、スペルはtravel


正しい音を聞いているにもかかわらず、いつのまにか、音はおきかえられ覚えている。
当然自分でも発音できません。 

私のカタカナ発音の時代もまさにこれだったと思います。
リスニングの勉強もそれなりにしたつもりですが、突然、英語の正しい音がわかるようになったことも、突然自分の発音がうまくなった、ということも、もちろん起こりませんでした。

私たちが、耳から日本語を覚えて話せるようになったと同じように、英語も100%耳から覚えるべきだとは思いません。
日本に居て周りも日本人ばかりで、英語ばかりしているわけにもいかないですし、ネイティブと同じ環境、同じ量の英語に触れることもむずかしい。
外国語として習得していく過程で、読み書きなどの手助けがあってもいいと思う。
しかし、現状ではあまりにもバランスが悪すぎではないでしょうか。

英語学習に正しい音を取り入れる。
発音練習し、自分も発音できる、聞き取れる。
日本に、そういう英語教育が定着していく事
を願います。

(09/8/4)