目標は低めにする

英語を身につけるコツ ――― 目標は低めにする


続けることのコツのひとつって、あまり気合を入れすぎないのも大事じゃないかと・・・と思う。
特に語学は、短期で劇的に伸びるわけではなく、コツコツと続けてこそ身につくもの。

けれど、よっぽど、特殊な状況に置かれた人以外は、仕事も趣味も日常的にしなければいけないこともたくさんあるわけですし。。

3度のメシよりも英語がすき!!という人以外は、あまりエンジン全開で英語をやろう!と思っても、どこかで必ず息切れがして続かなくなり、モチベーションの低下で悩むと思う。

英語の伸びは、時間と比例するわけではなく、ブレークスルー型で伸びていく。
最低でも3ヶ月続けた方がいいと言われるが、これは私も経験からそう思うことで、しばらくは成果が感じられない期間があって、あるまとまった期間を超えると成果が急に見え始めるのです。

だから、そのブレークスルーのポイントに到達する前に、挫折したりしないように、成果を感じられても行く先(高い目標)の果てしなさに辟易しないように、目標は低めに設定することをおすすめします。

英語をやろうと思う以上、字幕なしで洋画が楽しめたり、ネイティブと不自由なく会話がはずんだりと、誰もが憧れるけれど、実際その境地にたどり着くのは、簡単ではありません。
それより、小さくても達成感を多く味わう方が、モチベーションの維持にもいいと思います。

熱い気持ちは抑え気味で(気持ち半分くらい?)、目標設定は現実的に。

と、長年ひょろひょろと英語を続けてきた私が思う、続けるための「コツ」なのでした。