甘いキャッチフレーズに惑わされない

英語を身につけるコツ ――― 甘いキャッチフレーズに惑わされない


英語の教材も本も、どんどん新しいものがでますね。
新聞などに大きく広告が出ているとつい目が引かれます。
実際に試してみたい教材もたくさんありますし、優れた本なども多く存在しています。

その一方で誇大広告にあきれることも多いです。

この教材を使うだけで!とか

たった2週間で!とか

ネイティブみたいにしゃべれる!だとか

そんな方法があるんだ、知らないのは私だけ?新しいメソッドが開発されたんだ、と、消費者の心理を巧みにあやつるものばかり・・。

そんな夢のような教材があれば、「誰もが使ってるわ!」と心の中でつっこみたくなります。

教材販売する側にしてみれば、いかに消費者に買う気持ちを起こさせるかのプロなんでしょうが、行き過ぎには腹立たしい気持ちになります。

やはりそこに消費者のことを考える真摯さを感じたいものです。