和訳、英訳、ばかりしていませんか?

効果的に実践英語を学ぶ ――― 和訳、英訳、ばかりしていませんか?


「相手を知る」の項目で書いたように、日本語と英語は、言語としての違いが大変大きい。
しかしそれが、日本人の英語習得を困難していると、嘆いていても始まらない。
相手(英語)を知り、日本語との違いを知り、効果的な方法で学んでいけば、日本人の英語はもっと向上するはずです。


英語を学ぶ時、英文を見て、分からない単語を辞書で調べ、日本語に訳し、内容を理解する。

日本の文章があって、この単語は英語でなんと言うのか辞書でひき、文法に従って単語を並べ英文を作る。

こんなこと誰でもした事があるはずです。
いわゆる、英文和訳・和文英訳ですが、この取組みは本当に効果的でしょうか。

この学習方法のまずい所は、常に日本語に置き換えていること、そしてその学習法ばかりをしがちなこと、です。

日本語に訳すと意味が理解できるので、英語を勉強にしている気分になります。
しかしそれ以上のことはしない。
なのでいつまでも日本語で考えることから離れられません。
こういう勉強法に大きな落とし穴があります。

かく言う自分が、こんなようなこと、してました・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
だから、ものすごく痛感するのです(T_T)

実践英語を身につけるのに大事なことは、英語を英語のまま理解しようとするトレーニングです。
それに付随する形で、日本語に頼ろうが、和訳・英訳しようが、別に構わないと思います。(初心者にいきなり、英語で考えろ、と言っても
果たして効果的かどうか疑問ですので)

いくら素晴らしい訳文を作ったところで、英語の発想が定着しませんし、脳に英語で考える回路もできません。
和訳することで、英語の冠詞や単複数形や時制なども、重要でなくなり訳出されなくなります。
また、外国人に何か言いたい時も、日本語を介して英語に置き換える作業をするし、反対に英語は、日本語を通して意味を知ることで納得する(頭には英文は残っていない)ということにもなります。

今の英語教育では、このような状況に陥りやすく、そして実際に多くの英語学習者がそうなり、英語嫌い・苦手になっていっている気がします。

翻訳者でない限り、こなれた和訳、文章力は必要はなく、極端な話、直訳でぎこちない日本語でも、その人の頭で英語のまま意味がちゃんと解釈され、英文構造を理解し、英語的な発想ができていれば、実践英語学習は、成功しているといえる。
使える英語につながっていきます。
翻訳技能とかもそれから学ぶ方が道筋でしょう。


英語に大量に触れよう

日本語が常に介入していれば、脳の日本語回路は強固なままなので、英語のまま理解するトレーニングをして英語の回路を作り、英語感覚は養っていくことが、外国語習得には不可欠です。

例えば、

語彙を覚える場合、その単語が使われている例文を頭にいれる。

文法も、その構造を含む例文を覚える。

英語表現、簡単な文章を暗記するくらい、繰り返し音読する。

覚えたことを使う、アウトプットする。

これらのポイントは、反復練習です。

英語を英語のまま触れ、それを何度も何度もくりかえして脳に刺激を与え続けることで、脳に英語のまま理解できる回路ができあがってきます。

日本語を介さずに英語で意味がすんなり頭に入ってくる経験は、語学学習の大きな喜びです。そこからまた次につながります。

脳に英語刺激を、何度も何度も、とにかくたくさん与えること。
最初はしんどいトレーニングかも知れませんが、
しんどいトレーニングこそ効果的で、必ず効果は表れます。


ブログにも似た記事書いてます。
英語学習:間違いと不十分なこと