英語は耳から、日本語は目から

相手(英語)を知る ――― 英語は耳から、日本語は目から


世界の様々な言語の中で、英語と日本語と全く異なる方向で発展してきました。
ご存知のように、語順や表記や音も違うし、国民性も違えば、話すリズムも違います。
日本語のように音の長さも強さも一定に、平坦調子のまま英語を話すと、英米人にとっては非常に聴き取りにくいものになってしまいます。

特に、ここでは音の違いについてですが、子供の頃、50音を習うように、日本語は、「あ」「か」「さ」「た」 が発音の最小単位で、かつそれが音節(=一拍)です。
「あ」は、  a
「か」は、  k  と a
「し」は、  s  と i    のように1~2音素から成り立っています。
子音(音素)一つで発音することはありません。
この音素は日本語は少なくて20しかありません。一方、英語は45あるそうです。

英語の発音最小単位は、「音素」で、発音の本などに載っている発音記号で表したものとほぼ同じです。
 t   s   b   など、子音ひとつだけも発音します。    
この45の音素が合わさって、音節を作ります。こういうことから、英語と日本語は、音の差がかなり大きいことが容易に想像できます。

日本語は漢字など視覚から入る情報に頼り、音の少なさを補っていますが、音の多い英語は、音の違いで伝えようします。

日本語感覚で、英語の音を(カタカナなどで)あてはめようとしても、無理が生じてくるのは当然かも知れません。