数だけをこなす反復練習にならないように

発音練習に役立つ話 ――― 数だけをこなす反復練習にならないように


発音は繰り返し何度も練習するのが重要ですが、しかし、何百回練習しても間違った発音では元も子もありません。
くせがついたり、違う音のまま覚えてしまったりしてしまいます。

英語の音源が簡単に入手でき、英語環境が豊かになったので発音の独学は不可能とは思いません難しいところがあります。
CD付きの発音の本を購入しても、結局あまり変わらなかったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

発音を重要だと思い練習を始めたものの、発音の仕方が分からなかったり、フィードバックもなくて、合っているのかも分からず間違った音を定着させてしまったり、また少しだけして、やはり発音は難しいと結局結論付けてしまったり、そういうことをとても心配しています。

日本人に出せない英語の音はないと思っています。
正しく的確に取組み、繰り返し練習することで必ず発音は変わっていきます。
ただ、上記のようなことが起こりやすいので気をつけてください。

自分の厳しく客観的に聴く姿勢がとても大事です。
録音をして聞きなおすことは必ずした方がいいです。
判断をしてくれる人や環境を極力作るようにしてください。
口先だけで真似ないように、口も舌もくちびるも発声に必要な部分を最初は大きく動かすようにし、口を柔軟にしていきます。
また息もしっかりと強くだすようにして下さい。

弊発音教室でも、ご自身で発音練習をしている方へのサポートも行っています。
判断してくれる人がいないので合っているかみてほしい、どうしてもできない音だけを学びたいなどのカスタマイズレッスンもしております。
ご相談も受け付けております。

⇒ レッスン案内

(10/6/30 revi)