英語の発音教室PLS > 英語の発音教室PLSについて

英語の発音教室PLSについて

英語の発音教室PLSについて

教室の特長



  • 発音教室PLSの特長
  • 発音に特化する理由
  • 対象者
  • 考え方
  • おしえ方

生徒様本位の小さな教室

発音に特化し、徹底した個別指導と続けやすい受講システムを採用

tokucho1

  • マンツーマンのレッスンが主流
      即座に的確なフィードバック・アドバイスが受けることができ、気づきや改善方法が分かり効果的に学べます。

  • カリキュラムは個別に対応
      講師が、受講者のレベルや目標をあわせて効果的に最短にカリキュラムを進めます。

  • 講師の指導技術力
      発音が上手だけでは講師は務まりません。日本語との違い・発音の仕方や理屈を的確に説明・指導できる日本人講師の育成に努めています。

  • 応用を見据えた指導法
      例えば子音・母音の発音を、決まった口/舌の動き・形にして、誰にでも同じ進捗で指導するだけでは、応用につながりません。単語や文章になると、ひとつひとつの単音をきっちり丁寧に動かして発音をしているわけではないからです。 発音教室PLSでは、基本の形も練習しますが、最終的には、喉や唇まわりには力を入れず、自然に伸びやかな声で発音できるように、応用につなげていく指導をしています。

  • オリジナル教材
      一般的な発音記号を採用。母音からリズム・イントネーションまで発音学習に必要な内容をほぼ網羅した徹底した内容です。

  • グループ・カスタマイズレッスンも
      グループレッスンは、2~3人の少人数制で行います。お友達同士などで楽しくお得に学べます。カスタマイズレッスンは、個人に合わせてレッスン内容を相談して決めたり、練習したい原稿や教材を指定することも可能です。

  • その他、様々な学び方ができます
      短期・単発講座の開催、オンライン単発レッスン、発音相談/診断、講師の育成、HP内の独学用無料コンテンツ などを提供しています。





  • tokucho2gif
    • 安心の月謝制と入会金
        初期費用は、入会金とテキスト代のみです。詳しくはこちら

    • ひと月の受講回数は自由
        毎週、隔週、月1回、3回など、ご自由に決められます。毎月の受講回数の縛りはありません。

    • 変更・キャンセルは3時間前まで可
        急な仕事や体調の変化にも安心です。

    • 予約はお好きな日時をご指定
        曜日・時間は固定にしなくても構いません。空いている日時をご予約してください。

    • 宿題付きのレッスンで継続的な練習を促進
        反復練習の積み重ねは、発音上達の要です。宿題の練習量・成果も盛り込んでレッスン内容をより強化しています。









    発音を学べる機会の提供と英語学習の近道のため


    日本人が英語発音が苦手なのは、単に「やらない」・「知らない」だけ
    日本人が英語発音が苦手なのは、

     ・英語と日本語の音声体系が大きく違う
     ・和製英語(カタカナ)が浸透している ことも挙げられます。

    ですがそれに加えて、英語教育であまり発音学習をしないため、

        単に「やらない」・「知らない」から「できない」だけ

    の場合が多い
    のです。そのような状況において、発音がしっかり学べる機会の提供と、発音を的確に教えられる指導者の育成に特化した教室作りをしております。




    発音は大事な基礎力!
    ■ 英語が通じないのは?

    TOEICのリスニングに伸び悩む方、英語力があるのに実践につながらない方、英会話に自信がもてず「話す」「聴く」が苦手な方、原因は、一概にはもちろん言えませんが、「英語の音」を正しく知らない、学習から「音」が置き去りになってしまっている場合が考えられます。

    人は、自分が発せられない音は非常に聞きづらく、また知っている音(つまりカタカナ)に無意識に置きかえて聞いてしまいます。

    ですからカタカナで英語をとらえていると、本来の英語の音とは大きく違い、単語もフレーズも文章も、文字なら理解できるのに聞きとれないし、話しても通じない、となってしまいます。

    また、カタカナ音の上に、日本語調のイントネーション・アクセントだと、ネイティブにとっては平坦で聞き取りにくく、時には英語だと思わない場合もあります。



    ■ 英語学習での発音の役割

    発音だけしても、英語は伸びません。

    けれども、発音の土台があれば、「英語学習」の伸びと効率は格段に変わってきますし、楽しく学べます。「話す・聞く」の技能を高めるためには、英語の音を知っているか知らないかは大きな違いです。

    通じる発音で、フレーズを覚え、使う、ことはすごく当たり前のことだと思いませんか。

    行く先に「使える実践英語」を見据えましょう。

    語学は短期間でラクして、では決してモノにはなりません。それ相応の努力と長期的にじっくりと取組んでこそ成果がでます。その過程で「発音」は貢献してくれるのです。

    英語は、ある意味「終わりなき長い道のり」ですが、「発音」の習得は英語に比べればはるかに短期間で「終わりある」ものにできます。発音の土台作りがきちんとできていれば、英語学習を続けていく上で、発音もさらに良くなっていく相乗効果があります。





    大人、高校生以上に教えています


     例えば、“実践英語が苦手” “留学したい” “英語の初心者” “英語教育の先生” ”英語の歌をうたっている” といった方が学んでいます。

    ※発音レッスンに英語レベルは関係ありません。
    発音は英語学習での重要な要素なので、むしろ、早い段階で学んでおくことをお勧めします。

    英語力はあるのに実践に活かせない(話す・聴くに自信のない方)

    英語の正しい音を知らなかったり曖昧にしていたり、英語学習から「音」が置き去りになっていないでしょうか。
    読み書きが中心で、アウトプットのトレーニングが足りないことも考えられます。

    知っている単語・フレーズが、聞きとれる、また相手に伝わるように、発音も学習の一部として取り込みましょう。

    留学を目指している方・留学中の方

    日本で接する英語は、日本人のカタカナ英語に慣れたネイティブもいたりするので、比較的聞き取りやすく、なんとか通じることもありますが、海外の生の英語は容赦ありません。カタカナ英語は通用しません。

    しかも、海外にいれば発音が自然に良くなる、というのは、成長期の子供ならまだしも、大人には大変難しいです。

    海外では日本人の発音を親切に直してはくれず、たとえ指摘されたとしても、日本語との発音の違いを理解している人は少なく、どのように直せばよいのかという掘り下げた説明はほとんど期待できません。

    発音を矯正するのに最適なのは、よって「国内」なのです。

    留学で最大限に英語力を伸ばすためにも、国内で「発音力」を身に付けておきましょう。


    英語の初心者の方

    発音は、上級者がするものでも、いきなり「ネイティブ並」の発音を目指すものでもありません。

    英語を学習していく上で「英語の正しい音」は取り入れるべき大事な基礎力です。

    これからどんどん覚えていく語彙・フレーズは、正しい音で吸収し、また相手に通じる発音でアウトプットができる、ということを念頭に取り組むほうが、効果的です。

    伝わる発音力を身につけて(他に、基礎力として、文法・語彙などが必要です)、あとはどんどん会話トレーニングを積み重ねていきましょう。


    子供の英語教育に関わる方

    子供は聞いたものをそのまま真似しようとします。口や耳の機能が柔軟なので、出し方の説明がなくても、同じ音を出せることがとても多いのです。

    児童英語講師・小学校の先生・保護者の方々など、子供の英語力・発音を育むためには周りの大人の発音も大事だと考えます。



    当教室の考え方


    発音は、人によって得意・不得意な所や、現在の発音レベルや、音の吸収度が違います。

    ですから、皆一様に同じ内容や進捗で指導することはしません。

    苦手・弱点を中心に練習を行い、出来ている音には時間はかけず、おひとりおひとりのレベル・目標に合わせてカリキュラムの進め方を考えます。

    発音レッスンの目的は、ただ、「ネイティブのような発音」だけを追い求めることではありません。
    英語学習において、他の事には一切手をつけず高度な文法力だけ、とか、高度な語彙力だけを身に付けようとする方はいないと同じです。

    あくまでも、発音は英語上達のひとつの要素ですし、発音の学び方は、かける時間・学ぶスタイルなど、様々な方法があっていいと思います。

    中期的にしっかり学べるコース以外にも、

    短期・単発講座の開催、オンライン単発レッスン、発音相談/診断、講師の育成、HP内の独学用無料コンテンツ などを提供しています。





      発音は、英語学習の基礎力のうちのひとつです

    • どうせリスリング勉強するなら、正しい音が分かっている方がいい
    • どうせ単語を覚えるなら、発音も正しく覚えた方がいい

    と思いませんか。
    文字なら簡単に理解できる単語も文章も、聞き取れない・通じないといった悲劇を避けられるのです。

    発音力がついてくると、正しい音の理解と、出来ているかどうかの自己判断、聞き分ける耳が鍛えられていきます。
    できるだけ早くそこに到達できるようご指導させていただき、定期的な発音レッスンからの「卒業」をめざします。




    当教室のおしえ方


  • 明瞭に安定して出せることが自信につながる

     口をあまり動かさずに、ぼそぼそした小声では、和製英語の音から、なかなか離れることができません。なんとなく出来ているような感じでごまかしたりはせずに、まずははっきり、明瞭に発音できることを安定させて自信をつけ、応用力につなげます。

  • 負荷をかけて効率的に

     英語の発声に必要な土台を作るために、大きく口を動かしたり、息を強く出したり、音に響きを出すようにしたりして、普段日本語を話す時には使わない英語の発声のための部位(舌・口内・喉・筋肉・横隔膜)を鍛えていきます。

  • 口の形だけでは不十分

     口内の開き具合や、喉を開いて発声するなど、前からみえない部分も重視します。口真似や、口の動き・形だけにとらわれすぎるのではなく、英語の音を覚えること、そして力みすぎたりせずに自然に発音できることが大事です。

  • 基本から応用へ

     単音(母音・子音)を出すための基本の型は、あくまでも基本です。いちいち、単音を全部、型どおりに動かしていては、単語や文章がナチュラルにスムーズに読めません。文章がスムーズにかつ英語らしく(イントネーション・アクセント・強弱リズムなど)よめるよう自然な口の動きに応用させていきます。


  • やっぱり反復練習が一番!

    発声する、ということは、身体の動きですから、結局はエアロビ・ヨガ・筋トレ・ストレッチなどように身体を動かすことと同じ!です。

    スポーツの本を読んでいるだけでは、実際のプレーはできないのと同じで、発音も、「口を動かして」「意識的」に「練習」を「繰り返す」ことが一番伸びますので、自主練習もしていただきます。


    毎レッスン後に、ご自宅での練習内容をお出しします。

    宿題は、個人の弱点を加味した内容で出させていただいております。

    次のレッスン時には宿題の進捗を見させていただきます。

    「聞いたものをまねて発音できる」段階から、「何も聞かなくても自ら正しく発音できる」段階へステップアップし、正しい音の判断力を養うための大事な練習になります。




  • 発音レッスンを修了された方へのアドバイス

    英語は、発音の上手な講師にならおう、できればネイティブスピーカー
    カタカナ英語に囲まれると、どうしても影響されてしまいます。
    大多数の中で、1人だけ正しく発音しようと思っても、普段の話し方や、カタカナ英語が出てしまうものです。

    英語は英語、日本語は日本語と、意識的に線引きをし、英語を学ぶ時は極力、カタカナ発音を避け、正しい発音に触れる機会を増やしましょう。


    ■ 自己発音練習の方法
    • かなり自己判断がつくようになっていますから、時々、市販の教材や音声を使って発音に特化して練習する。
    • 意味のかたまりごとに音を止め、そのままそっくり真似する(リプロダクション)
    • 時々自分の声を録音して、客観的に聴き比べる

    ■ 自己発音練習する時の注意点
    • フラットな読みにならないように、強弱リズムを大げさめに大きな声で、息を強くだすことを心掛ける
    (※加筆中。随時追加され、必要に応じて改編・修正されます。)



    スポーツも楽器の練習も、それまでに身につけた力をキープしながら、新しいスキルを磨いていかなくてはなりません。

    もちろん、英語学習も同じです。

    単語を覚えたら、”passive vocabulary“(聞いて理解できる) から、”active vocabulary“(自分で使える)に変えていくために、状況を想定して、実際に使ってみるというアウトプット練習を何度も行います。

    覚えた文法は、実際に何度も使ってみることで、理屈から自然に文を組みたてることができる力に変えていきます。

    発音も同じです。
    実際の会話では、聞き取ったり・言うことを考えたりしなければならず、発音力を常にキープするのは難しく、つい発音はおろそかになったり、咄嗟に正しい音が崩れたりするものなのです。
    それが普通ですから気にする必要はありません。

    会話の中で正しい発音が瞬時にでき、なめらかに発音できるためには、何度も意識して発音して、体に定着させてこそ、会話の中で発音をキープできるようになっていきます。

    決まった文章なら、きれいな発音で読めるようになってきた方は、実際の会話や英語を練習する中で、鍛えていきましょう。

    また、学習の中で意識的に発音に気をつけながら、音読練習などアウトプットする練習も効果的です。

    英語学習を続ければ、発音力は落ちないと思います。
    英語上達に伴って発音もさらに良くなっていく相乗効果も期待できます。

    習った発音を、実践の中で、もまれてこそ、真に定着していきます!










    サイトマップ